多様な薬
考える女性と薬を飲む女性
患者を診る医者と薬のケース
公開履歴
白い錠剤と花

カンジダは真菌というカビの一種であり、本来は体内に害を及ぼさない常在菌のため、誰の体の中にもあるものです。しかし、免疫力の低下など体内のバランスによって増殖しすぎると、かゆみなどの症状としてあらわれます。常に存在しているので症状が軽症の場合は自己ケアをして自然治癒する方もいるようですが、はたしてそれで大丈夫なのでしょうか。感染する原因と対処法について認知されていない部分もありますので、よく確認して正しいケアを行いましょう。

カンジダ菌は体内に常在している

カンジダと聞くと性病と感じる方が多いですが、実はそうではなく、誰にでもなる可能性のある症状なのです。原因はありふれた菌の一つであり、常に体内に常在しているため、健康的な体の方でも皮膚や口の中、爪などに存在しており、特に膣内のカンジダは些細な事でも感染しやすいです。普段は自分の体に害のないものですが、さまざまな理由で体内のバランスが乱れると増えるようになり、かゆみやおりものの変化など症状としてあらわれます。さらに治療を行い完治出来たとしても再発する可能性の高い病気で、1年以内に再発する方は半数近くいます。

菌は常に体内に存在しているため完全に取り除く事は難しく、完治した後も体調の変化など日々、生活習慣に気を付けていなければいけないため厄介な病気です。女性に多い菌でもあり、風邪を引くなど少しの事でも増殖する恐れがあるので気を付けなければいけません。

症状が現れる原因は様々ありますが、最も多いのが免疫力の低下による体調不良の変化という事が挙げられます。日々、疲れやストレスを溜め込んでいたり風邪を引いた場合に免疫力が低下し、体の免疫バランスが乱れると自浄作用が弱まり、体内で増殖させて症状が発症します。免疫力が低下しているとそれ以外にも、さまざまな病気になりやすいですが、その際に抗生物質を使わなければいけない治療の時も注意が必要で、抗生物質は普段膣内に存在している常在菌を死滅させる作用がありますが、死滅してしまうと異常増殖を引き起こし発症させる原因にもなります。

また女性は、生理や妊娠などでホルモンバランスが崩れやすく体内の免疫バランスも変化しやすいので、常に良い状態を保つ事が難しく妊娠して初めて発症した方も多くいます。その他に免疫力低下以外にも、体を清潔にしていなかったりしていると菌が好む高温多湿になり、汗をかいたりナプキンを長期間つけているだけでもなります。いずれも日々の生活習慣が原因であり、不規則な生活などちょっとした事でもカンジダの菌を増やしてしまうのです。放置しても自然治癒する場合が多いですが治療方法は感染経路によって異なるので、まずは病院を受診して正しい治療で完治させる事を勧めます。

軽症なら自浄作用に任せても大丈夫

カンジダは症状や感染する場所が異なり主に膣や口の中、爪などにあらわれ、感染するとかゆみやいたみが現れ不快に思う方が多くいます。また悪化させてしまうと我慢できないほどになり、日々の生活にも影響を及ばすので注意しなければいけません。

軽症か重症か見極める一番の分かりやすい自覚症状は、強いかゆみに襲われるという点が挙げられ、中には我慢できず常に気になるほど強く感じるようになり、ずきずきと痛み出します。酷い場合我慢出来ずに掻いてしまい、傷や腫れを引き起こし、かえって治りが遅くなってしまうので、症状が現れたらすぐに受診し正しい治療を行わなければいけません。かゆみやいたみの他に気を付ける点として、おりものの状態がいつもと変化している事が挙げられます。人によって異なり生理の周期など変わりやすい時期もありますが、正常は透明か乳白色の色をしており、基本的にさらさらとしていたり少し粘り気があるのが健康的なおりものの特徴です。

カンジダを発症すると白くポロポロとしたおりものに変わり、ヨーグルトやチーズのような状態になります。また臭いも、酸っぱかったり生臭かったりといつもより強い悪臭を感じるため、普段とは違う事で気づく方もいます。おりものは、人によってさまざまなので気付きにくいかもしれませんが、女性の体調によって変化し病気を発見する目安にもなるので、普段から確認するようにしましょう。

一方で、カンジダに感染してしまっていてもおりものの変化程度で軽症の場合もあるため、その時は自浄作用による自然治癒に任せても大丈夫です。自浄作用とは、弱いものだと善玉菌の働きによって洗い流される事を指しており、生理中や疲れが溜まった際にあらわれやすいです。生理中であるなら終わった後に自然に収まりますが、疲れている時には規則正しい生活を過ごす事で収まる可能性が高まります。

自分が軽症なのかを自己判断するのは難しいため、可能であれば病院の受診を勧めますが、行く時間がなかったり薬をなるべく使いたくない時には、軽症のうちにまずは充分に休んで下さい。普段の食生活や睡眠環境を良くする、ストレス解消を心がけて免疫力を向上させて自然に改善されるような体作りを目指しましょう。

記事一覧
水虫に効くラミシールはカンジダにも効く! 2019年10月30日

カンジダの症状を改善するのに使われる薬の中には、蕁麻疹などの皮膚症状も治療するために使われています。中でも水虫の治療に効果的なラミシールクリームいう薬は、カンジ...

死亡例も出ている耐性カンジダ菌とは何か? 2019年12月04日

カンジダは体内に常に存在している菌で、主に皮膚や口の中、膣などに発症し、誰にでもかかる可能性がありますが、自然治癒出来る症状です。軽症の場合は自浄作用で治り、強...

性器のかゆみは病院で早めに解決すると安心 2019年11月17日

カンジダ菌を発症してしまうと、患部が膣などの性器の場合、なかなか他の人には言えず、病院に通う事を躊躇してしまう方もいると思います。そのまま放置して発見が遅れると...

1錠飲むだけでカンジダ治療ができるフォルカン! 2019年10月10日

近年では、カンジダの薬を通販で買う事が出来るようになり、忙しく病院に行けない方や受診する事が恥ずかしく躊躇してしまう方でも手軽に手に入れられるため、自分で治療を...

カーネステン膣錠でカンジダを治療しよう! 2019年09月24日

カンジダに発症した場合、病院を受診する時間がなかったり完全に治っていないのに病院に行かなくなったりする方もいると思います。カンジダは自然治癒でも治りますが、安心...

カンジダを自然治癒させたい時に食べてはいけないもの 2019年09月14日

カンジダを自然治癒させたい場合には、普段の日常生活を規則正しく過ごす事が大切です。その中でも食生活は体内の免疫バランスが左右されやすく、食べ物によってはカンジダ...