• ホーム
  • カンジダを自然治癒させたい時に食べてはいけないもの

カンジダを自然治癒させたい時に食べてはいけないもの

薬を飲んでいる女性

カンジダを自然治癒させたい場合には、普段の日常生活を規則正しく過ごす事が大切です。その中でも食生活は体内の免疫バランスが左右されやすく、食べ物によってはカンジダ菌を増殖させてしまう原因にもなりますので、注意しなければいけません。

カンジダ菌を発症した場合に避けなければいけない食べ物として、スイーツなどの糖質やグルテン、カゼインなどが挙げられます。特に女性が好きな糖質は、カンジダの餌となり菌を増やす作用があるので菌の増殖を完全に抑えるまで我慢する必要があります。糖質が多く含まれている物として、砂糖が多く使われているケーキなどのスイーツや果物、甘味料などがあるので控えるように気を付けて下さい。また、じゃがいもやかぼちゃなど甘い野菜にも糖質が含まれているため、発症している間はなるべく我慢しましょう。

その他に避けなければいけない食べ物は腸に悪影響を及ぼすもので、小麦に含まれているグルテンは腸内環境を悪化させてカンジダを治りにくくするため、小麦が多い食べ物のパンやパスタ、うどんなどの麺は気を付けなければいけません。

乳製品に含まれているカゼインは腸内環境を整えてくれる印象もありますが、分解されにくく未消化のまま腸に入ると腸の粘膜を傷つけて炎症を起こすため、カンジダが発症している時にはその炎症により症状を悪化してしまいます。ヨーグルトなどは普段、腸内環境に良いとされているため免疫力を向上させるためにも大切に思えますが、カンジダに感染してしまった時には逆効果です。

砂糖の多いものやグルテン以外には同じ菌類であるきのこや、添加物が多く含まれている加工食品などが挙げられます。また、アルコールを摂取する事で肝機能が低下し体内の抗菌作用を弱らせてしまうので、増えてしまった菌が減りにくくなるため、お酒が好きな女性は控えて下さい。

一方でカンジダを自然治癒するには、抗菌作用や解毒作用のあるもの、腸内環境を整える食べ物を積極的に摂取しましょう。具体的には、ハーブやスパイスなど菌を殺菌するのに効果的なものや食物繊維が豊富な海藻類、新鮮な野菜やオーガニック食品などがあります。ただし、いも類など甘い野菜は、糖質が多いので過剰に摂取しないように避けて下さい。

カンジダを自然治癒するに食生活は重要な要素でありますが、気を付けなければいけない点が多いため大変だと感じる方もいるでしょう。糖質やグルテンは菌を増殖させてしまう可能性が高いので控えた方が良いのですが、まずは無理をせずに自分が出来る範囲で食生活を見直しましょう。