• ホーム
  • カンジダ菌は性行為による感染率が低い?

カンジダ菌は性行為による感染率が低い?

カンジダは性病のイメージが強いですが、発症する原因はさまざまあり免疫力の低下など日々の生活習慣が影響している事が多く、意外にも性行為による感染率は低いです。

カンジダに発症するとかゆみやおりものの異常を感じますが、症状が軽い場合しっかりと薬を使っていれば日常生活にも支障が出なく、自然治癒で治す方もいます。しかし、症状が軽いからといって検査をせずに性行為をしてしまうと、悪化したりさまざまな影響を及ぼすかもしれません。

性行為をする上で気を付けなければいけないのは、カンジダを発症した原因が免疫力の低下など性行為自体が原因でなくても、治療中または発症に気付かずにいた場合、パートナーに移してしまう危険性があります。カンジダが発症する箇所として女性の性器が多いですが、誰の体内にも存在している常在菌なので、男性や子供にも菌は存在し感染しやすいです。

男性は女性と異なり症状が現れにくいので気付かないで過ごしている方も多く、女性同様に性器である亀頭にかゆみやただれ、赤い発疹が出たり白いカスが出ます。特に亀頭包皮炎といって、亀頭部や包皮に白いカスがあらわれ患部がかさつくようになりますが、女性とは異なり軽症で済む場合があるので自覚症状がないまま検査をせずに放置している方が多く、悪化したり他の症状を引き起こす可能性が高いです。

またパートナーである男性がカンジダ症に気付いていない場合、男性から移される可能性も出てきます。女性は強いかゆみやおりものなど重症になりやすいので、パートナーが先に持っている事を知らずに治療中も性行為をしてしまうと、感染を繰り返して軽減されるどころか治療が長引いてしまい危険です。疲れや風邪でカンジダを発症したと自己診断をしても、本当の原因は受診しないと分からない場合があります。パートナーに言いにくいかもしれませんが、完治させるためにも二人で受診する事を勧めます。

カンジダは症状が収まっても、菌を完全に殺菌して完治させるまで油断する事は出来ません。お互いに移してしまう危険性以外にも、性行為によって刺激され炎症してしまう事が挙げられ、完治したと思い性行為をする事で再び症状が現れるため治療期間が長引いてしまい、症状があるのに行ってしまうと、強い痛みを感じ膣が傷ついたり悪化する恐れがあるので注意が必要です。カンジダの治療中に性行為をするのは、リスクの方が大きいので控えましょう。またお互いのためにも、自己判断せずに最後まできちんと薬を使ってみて、しっかり完治したか医師に診断してもらう事を勧めます。