• ホーム
  • カーネステン膣錠でカンジダを治療しよう!

カーネステン膣錠でカンジダを治療しよう!

患者を診ている医者

カンジダに発症した場合、病院を受診する時間がなかったり完全に治っていないのに病院に行かなくなったりする方もいると思います。カンジダは自然治癒でも治りますが、安心して放置したり自分で改善しようとすると、かえって悪化させてしまう場合もあります。そこで、病院に通わなくても安全で確実性のある薬を個人輸入代行の通販で購入してはいかがでしょうか。個人輸入代行とは薬事法に基づいて、海外の製品を個人で取り寄せて購入することが出来る通販サイトの事を指しており、病院を受診しなくても自宅で薬が買えます。

通販で買える外用薬でカンジダに効果があるとされている薬の代表的な一つとして、クロトリマゾール配合のカーネステン膣錠があります。カーネステン膣錠は膣カンジダの特効薬といわれ、臨床試験でも80パーセントも有効的だと実証されています。ネットでも手に入れられるなど手軽さもメリットの一つでありますが、手軽さゆえに安全性や確実性に対してはどうなのでしょうか。

カーネステンはドイツのバイエル薬品が製造しており、カーネステンクリームと同様に40年以上も使われ続けている薬で、主要成分のクロトリマゾールという成分により殺菌作用があり増殖したカンジダの菌も殺菌してくれ、免疫力が低下していても、刺激痛が少なく使いやすい薬です。副作用も少ないため初めて使う方でも安全性の高い外用薬ですが中には痛みやかゆみ、発赤などの副作用が出る可能性もあるので、異常を感じたら使わないようにしましょう。薬のアレルギーの可能性もあるので、使ってみて異常が現れたらすぐに中止して医師に相談して下さい。また生理中に使用しても、薬が流され効果を得られないかもしれませんので、使う場合は生理後にしましょう。

カーネステン膣錠は1日1回に1錠を6日間続け、人差し指と中指でカーネステン膣錠を挟み、膣の一番奥まで押し込んでください。カーネステンクリームと使う事でより効果的に菌を殺菌し、完治に繋がります。寝る前やお風呂上がりに患部を清潔にした状態で使う事が早期の治療に効果的で、使い初めて、2~3日でかゆみやおりものなどの症状を抑える事が出来ます。2~3日で自覚症状がなくなっていても、完全に殺菌していないかもしれませんので、6日間使い続ける事が必要です。安全性や殺菌作用の効果が高く、カンジダの他に水虫の治療にも使われていますので、気になった方は医師と相談したり使用方法をきちんと守って使いましょう。