• ホーム
  • 妊娠中はカンジダ菌の症状が現れやすくなる

妊娠中はカンジダ菌の症状が現れやすくなる

カンジダ菌は女性が発症しやすい症状ですが、その中でもなりやすい箇所として膣に感染する膣カンジダがあります。さまざま状態が重なり膣の中で菌がたくさん増える事で引き起こされるのですが、特に妊娠中は発症しやすく、妊娠して初めて感染してしまった方も多くいるようです。妊娠中は体調の変化が激しいため、つわりや疲れやすくなり大変な思いをしますが、カンジダに感染してしまうとさらに負担が増えてしまうので気を付けなければいけません。

経験する主な症状は普段とあまり変わらず、外陰部の強いかゆみや痛みなど表面的にあらわれたりおりものが変化します。カンジダと気付く方の中には、体調不良で他の症状の方が辛くなんとなくかゆいと感じたり、おりものの変化だけで気付きにくい軽症の場合があるため、定期的に行う妊婦検診の際に発覚したケースもあります。

妊娠中にカンジダ菌が増えてしまう原因として、体温が高くなったり体力の低下などの免疫の変化や女性ホルモンのバランスが乱れるなどが挙げられます。女性ホルモンであるエストロゲンが増えるため腟内で雑菌が異常増殖しやすく、抵抗力も弱まり体力が低下するため免疫バランスが乱れます。またカンジダは高温多湿を好むため、妊娠中は普段よりも体温が上がっており、汗をかいたり下着が蒸れやすく菌が増殖する環境に適しています。
免疫力やホルモンバランスが乱れているので、一度発症してしまうと症状を抑制するのに時間がかかる可能性が高いです。

妊娠期間に菌を発症してしまった場合、そのままにしてしまうと悪化してしまうだけでなく胎児にも影響を及ぼしてしまうかもしれません。さらにカンジダになったまま出産をすると、産道を通るときに胎児にも感染する恐れがあるので、出産前に治療を行う必要があります。治療方法は妊娠時期によっても異なりますが、塗り薬や錠剤など処方してもらった薬を使ったり、腟の中の雑菌やカビをすべて洗い流す膣洗浄などを行って改善します。免疫力が低下しているので薬での治療が有効的ですが、きちんと治すために自分でも原因となっている普段の生活習慣を見直してケアをしましょう。

主な自己ケアとして、汗やおりものは放置せずに着替え清潔な状態を保ったり、規則正しい生活を過ごす事が重要です。また、妊娠中はつわりによる食生活の乱れや寝不足になりやすいので、無理をせずにゆっくり休む事が大切です。体が変化しやすくいつもより体力が弱っているので、感染したらより大変な思いをするかもしれませんが、まずはゆっくり休み自分の体調を優先して考えましょう。