• ホーム
  • 性器のかゆみは病院で早めに解決すると安心

性器のかゆみは病院で早めに解決すると安心

カンジダ菌を発症してしまうと、患部が膣などの性器の場合、なかなか他の人には言えず、病院に通う事を躊躇してしまう方もいると思います。そのまま放置して発見が遅れると、症状が活発になり悪化させてしまう可能性が高いので早めの受診を勧めます。中には自然治癒など自分で改善しようする方も多いですが、カンジダ以外の可能性もあるので、一度しっかり受診する事が早期の治療に繋がります。しかし症状が現れた場合、どのくらいでどの科を受診したら良いかわからない方も多いでしょう。

かゆみが軽症化した場合や生理中の場合は、自然に治る事もありますが、悪化させないためにもどのような症状があるのか確認して下さい。症状として一番分かりやすいのは強いかゆみがあるという事が挙げられ、初期の段階ではまだ我慢できるかゆみかもしれませんが、遅れると強いかゆみに襲われたり、中には痛いと感じる方もいます。普段は感じないかゆみがあられたら、カンジダになっている可能性が高いため病院を受診しましょう。

かゆみ以外にカンジダの症状として、おりものにも変化が現れやすく、おりものがカッテージチーズのような白くポロポロしていたり強い臭いになります。かゆみがない場合でも普段のおりものと違う場合には、気付かずに感染しているかもしれませんので、我慢できるかゆみでも性病の心配がある場合には放置せずに受診しましょう。

カンジダを発症したのか診断してほしい場合、婦人科に受診する事を勧めます。皮膚科を受診する方もいますが、性器などにあらわれる膣カンジダでも原因によっては治療法が異なる場合があります。一方でカンジダ菌ではなく、性病など違う病気に感染している恐れもあるので、自然治癒しようと考えずにまずは婦人科を受診しましょう。

カンジダで受診すると問診と内診を行ってから正しい治療法を行います。問診の内容は主にかゆみやおりもの状態、性交渉があったかなどの確認し、そのあとに内診を行う事で、炎症や症状がどのくらい活発にあらわれているのかを確認する事が出来ます。

女性がなる症状としても知られていますが、カンジダは女性以外にも子供や男性が感染してしまう場合もあります。子供の場合は、現れる箇所や症状も異なるため、婦人科よりも小児科や皮膚科での診察になります。また男性の場合は、症状がわかりにくく感染する恐れも少ないため、発見が遅れてしまう可能性が高いので、気になる症状がある場合は我慢をせず早めに内科や泌尿器科で受診しましょう。

これ以上カンジダを悪化させないように早期の治療を行うには、症状があらわれた時にすぐに受診する事が重要になってきます。軽症の場合は自然治癒出来るかもしれませんが、他の病気も疑われるので我慢せずに婦人科を受診しましょう。